0
¥0

現在カート内に商品はございません。

NEWS 新着情報
2022/09/28
ショップのご利用方法について(スマホ)
スマホで当サイトを閲覧いただく場合ですが、現在当方で取り扱いしている全てのアイテムをご覧いただく場合は、トップ画面左上に表示されている3本バーのアイコンをクリック頂くと、各ジャンルやアーティストごとにそのタイトルが表示されます。そこからご希望商品がございましたら、そのままカートにてご購入いただけます。
なおこれらも含めまして、サイト内のレイアウトや表示画面等はまだ現在修正中でして、そのあたりは日々調整していますので、すいませんが今しばらくご辛抱下さい。よろしくお願いいたします。
2022/09/11
ショップのご利用方法について
現在取り扱いしている商品は全てページ上の、ジャンルごとのカテゴリの中に掲載しています。
そしてそれぞれの中で、お探しのアーティストやジャンルをクリックすれば、どんどん詳細に進みます。
またページ上の商品検索(キーワード複数可)もご利用下さい。

まずジャンルを問わず全ての最新入荷商品をご覧になりたい方は、こちらの「全ての新入荷商品」にて新着順にすべて掲載しています。

さらに当ショップおすすめの新入荷アイテム情報(最新来日関連など含む)をご覧になりたい方は、
ジョーズ・ガレージ・ブログ」をご覧ください。
新入荷アイテムのご紹介から、ショップ営業情報まで幅広く随時更新中です。

なお何かご不明な点やお問い合わせは、下記メールかお電話にて随時対応させていただきます。
それではご登録後はゆっくり閲覧のうえ、ショッピングをお楽しみください。

Joe’s Garage
京都市中京区帯屋町572フサヤビル 2F
tel. 075-241-0277  info@jgarage.com
2022/09/07
新サイトに関するご案内です
こんにちは、Joe’s Garageです。まずは新WEBサイトにご登録いただいた方には、ありがとうございます。
そしてこの新サイトはすでに通常稼働していますので、ご登録後はこれまで通りカートからご注文も受動させていただいていますが、
サイト内のレイアウトや表示画面等は、まだ現在修正中でして、一部閲覧しにくい箇所や分かり辛いところもあるかと思います。
そのあたり日々調整していますので、申し訳ありませんが今しばらくご辛抱下さい。

なおそれらも含めて何かご不明な点やお問い合わせは、下記メールかお電話にて
随時対応させていただきますので、また今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
----------------------------------------
〒604-8124 京都市中京区帯屋町572 フサヤビル 2F
Joe's Garage (Shop 12:00 - 22:00)
tel. 075-241-0277
info@jgarage.com
0928191230_63341e0e73dd9.jpg

METALLICA / COPENHELL 2022 (1DVDR)

¥2,500 税込

商品コード: sha1609me

2022年春から快調にツアーとフェス参戦を継続しているメタリカ夏のユーロ・ツアーにおける、6月15日デンマーク、コペンハーゲンでのライブを、関係者流出によるマスター・クオリティー、プロショット映像にて、2時間4分にわたりコンプリート収録。
開演前の「The Ecstasy Of Gold」が未収録な以外は音声ミックスもキッチリ整えられ、マルチカメラでの完全プロショット映像で、しかも会場の巨大スペクタクル感をリアルに再現した映像も素晴らしく、そんな光景こそがヨーロッパでの夏フェスかなと思わせるほど。
そしてここでは初期ナンバーが比較的多く取り上げられており、9曲がクリフ時代のスラッシュ・ナンバーで、これまで取り上げられていた『ブラック・アルバム』ナンバーさえも削ってクリフ時代に特化しているのは興味深いところ。
特に「Trapped Under Ice」と「Damage, Inc.」の両方を豪快にプレイしているあたり、ファンはやはり必見マストアイテム。

1. Whiplash 2. Creeping Death 3. Enter Sandman 4. Harvester Of Sorrow 5. Trapped Under Ice 6. Bleeding Me 7. Sad But True 8. Dirty Window 9. Welcome Home (Sanitarium) 10. For Whom The Bell Tolls 11. Moth Into Flame 12. Fade To Black 13. Seek & Destroy 14. Damage, Inc. 15. One 16. Master Of Puppets
[Live at Refshaleoen, Copenhagen, Denmark 15th June 2022 : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.124min]

0928191104_63341db82fb3b.jpg

DEF LEPPARD / SAN FRANCISCO 2022 : IEM MIX (2CDR)

¥3,800 税込

商品コード: sha1610dl

2022年『DIAMOND STAR HALOS』リリースに伴う北米ツアーより、9月7日サンフランシスコでのライブを、マルチIEMマトリクス音源にて91分にわたり収録。まずメンバーがステージ上で使用していたステレオIEMソースを良質オーディエンス・ソースと絶妙のバランスでステレオ・ミックスし、さらにオリジナル・リマスターを施しライブ感を演出することで、サウンドボード音源と比べても勝るとも劣らない、艶やかでダイナミクスレンジのサウンドにてライブを実現。
そしておそらくイベント・ライブの大トリ出演となったライブは同アルバムからは「Take What You Want」、「Kick」、「This Guitar」を披露し、他はもちろん『ハイ&ドライ』『炎のターゲット』そして『ヒステリア』からのヒット・チューンを連発。特に絶好調なジョー・エリオットのボーカルは近年やや声の衰えが目立った中、ここでは最後まで素晴らしい歌声を披露し、ラストまで一気に。

Disc 1 : 1. Intro 2. Take What You Want 3. Let It Go 4. Animal 5. Foolin' 6. Armageddon It 7. Kick 8. Love Bites 9. Promises 10. This Guitar 11. Two Steps Behind
Disc 2 : 1. Rocket 2. Brining on the Heartbreak 3. Switch 625 4. Hysteria 5. Pour Some Sugar On Me 6. Rock of Ages 7. Photograph
[Live at Oracle Park, San Francisco, CA, USA 7th September 2022 : Multiple Stereo IEM Matrix / Original Remaster]

0928184352_63341758a6f77.jpg

PETER GABRIEL / THE ROXY 1978 1ST NIGHT EARLY SHOW : MILLARD MASTER TAPES (2CDR)

¥3,500 税込

商品コード: amity694pg

1978年セカンド・ソロ・アルバムのリリースに伴うUSツアーより、9月30日、ハリウッド、ロキシーにおけるアーリー・ショーを、近年初発掘された伝説のテーパー、マイク・ミラード所有のマスター・オーディエンス・テープより、1時間22分にわたりほぼコンプリート収録。
2020年以降続々と公開されているミラード・テープのオリジナル・マスターで、今回WEB上で公開され始めた音源は、これまで全く流通していなかった音源も多数の中、もちろんこのソースも先に公開された同日のレイト・ショーと同様に今回が世界初公開。なおそのオリジナル・マスターに2021年最新デジタル・リマスタリングも施し全体のバランスを整え、ただでさえ小ホールで臨場感のあるサウンドがさらにクオリティーUP。
そして前年同様、トニー・レヴィンら強靭なツアー・メンバーを軸にしつつ、ドラムがジェリー・マロッタに代わり、さらに力強いバンド・アンサンブルとなり、もちろんセットも『II』からナンバーを多数プレイ。そんな中で、本ツアーでは珍しい「Flotsam And Jetsam」、そして終盤にはジェネシスの「The Lamb Lies Down On Broadway」と、貴重なこの時期ならではのナンバーも披露。
なおレイト・ショーと比較すると、「Humdrum」、「A Wonderful Day In A One-Way World」、「Home Sweet Home」そして「A Whiter Shade Of Pale」はこちらではプレイされておらず、代わりに「Me And My Teddy Bear」と「Indigo」はこのアーリー・ショーでしか聞けないため、ファンはやはり共に要チェックのコレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Me And My Teddy Bear 2. On Presuming To Be Modern 3. On The Air 4. Moribund The Burgermeister 5. Perspective 6. Indigo 7. White Shadow 8. D.I.Y. 9. Waiting For The Big One
Disc 2 : 1. Band Introductions 2. Mother Of Violence 3. Slowburn 4. Flotsam And Jetsam 5. I Don't Remember 6. Solsbury Hill 7. Modern Love 8. The Lamb Lies Down On Broadway 9. Animal Magic 10. Here Comes The Flood
[Recorded at The Roxy、 West Hollywood、 CA、 USA September 30th 1978 -Early Show- : from Mike Millard Master Tape]
◇Peter Gabriel - Vocals、 Piano / Timmy Capello - Saxophone、 Keyboards / Larry Fast – Synthesizers / Tony Levin - Bass、 Chapman Stick、 Backing Vocals / Sid McGinnes - Guitar、 Backing Vocals / Jerry Morrata – Drums

0928182837_633413c580427.jpg

MILES DAVIS / LIVE IN SAPPORO 1983 : 2022 UPGRADE VERSION (2CDR)

¥2,900 税込

商品コード: sgf174md

80年代のマイルス来日公演において、演奏内容、メンバー、そしてマイルスのコンディションと、全てにおいてベスト・ツアーと称された1983年ジャパン・ツアーから、初日となった5月18日札幌厚生年金会館公演を、サウンドボード・マスターに2022年最新デジタル・リマスタリングを施し1時間29分にわたり収録。
まずこの公演の音源は以前から人気のもので、一応サウンドボードと表記されているものの、実際はオーディエンス録音?という説もあり、よってそれほどにマスター・クオリティーの高い音源で、しかも今回さらに最新機器を用い、ピッチ修正やヒス・ノイズの軽減を施したUPグレード・ヴァージョンにて。
そしてこの来日ではメイン・ギターのマイク・スターンの体調が芳しくなく、それを懸念したマイルスはジョン・スコフィールドを帯同したことで、奇しくも貴重な2人のツイン・ギター編成となっており、そのライブを開演直後のバンド・ウォーミングアップからしっかり収録しているのもポイント。
そして本ツアーおなじみの”Come Get It”で快調にスタートするや、珍しい北海道でのショーということもあり、熱心な観客の視線まで感じ取れそうな勢いの中、キーボードを多用に操るマイルスのプレイが印象的。なお本ツアーの核となるジョン・スコとマイク・スターンのツイン・ギターがやはり聴きどころで、特にソロにおいてはスターンのクリエィティヴなフレーズが随所に。もちろんマイルスの調子はさらに良く、鋭いハイノートを連発し、最後まで一気に駆け抜ける来日記念メモリアル・アイテム。

DISC 1 : 1. Band Warm-Up 2. COME GET IT 3. STAR PEOPLE 4. SPEAK
DISC 2 : 1. IT GETS BETTER 2. HOPSCOTCH 3. U 'N' I 4. STAR ON CICELY 5. JEAN PIERRE
[Recorded at Hokkaido Kosei Nenkin Hall, Sapporo, Hokkaido, Japan, May 18th 1983 / Soundboard Recording / 2022 Remaster]
◇Miles Davis - trumpet, synthesizer / Bill Evans - tenor saxophone, soprano saxophone, flute, electric piano / Mike Stern – guitar / John Scofield – guitar / Tom Barney - electric bass / Al Foster – drums / Mino Cinelu - percussion

0928173429_6334071599130.jpg

ROGER WATERS / VANCOUVER 2022 (2CDR)

¥3,500 税込

商品コード: amity700rw

2022年ツアー「THIS IS NOT A DRILL TOUR」北米レグの9月15日カナダ、バンクーバー公演を、オフィシャル・ライブ・レベルのハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・レコーディングにて、2時間26分にわたりコンプリート収録。
まずファイナル・ツアーがウワサされる中で、追加日程が次々と発表され、2023年にかけての大規模なワールド・ツアーとなってきた感のある中、本タイトルはまさに空前絶後といえるサウンド・クオリティーにて全編収録されており、ステレオ・サウンドボードやオフィシャル・ライブ・アルバムでもこれだけのクオリティーはなかなか出会えないほど。
そして2部構成となった今回のツアーはおそらく全公演固定セットとなると思われ、この日もオープニングからアルバムごとにセレクトされた数曲ずつを演奏しており、『THE WALL』ナンバーを要所に配置しつつ、フロイドのクラシックスとソロ曲をセクション単位で配置となっており、いきなり「Comfortably Numb」という意外なスタートから、第2部では『狂気』のアルバムB面再現なども披露。
また前回の「US+ THEM」ツアーでは演奏しなかった、「Have A Cigar」「Run Like Hell」、さらに「Any Colour You Like」が14年ぶりなら「Outside The Wall」は19年ぶり、「Shine On You Crazy Diamond (parts VI-IX)」やソロの「The Powers That Be」も20年以上ぶりと、意表を突くナンバーも多数。さらに極めつけはライブ初プレイの『ファイナル・カット』の「Two Suns In The Sunset」と、未発表の新曲「The Bar」「The Bar (reprise)」なども今回のツアーで初めて生で聴けるあたりも要チェック。
とにかく本ツアーを聞きたいというファンにはまず間違いなくオススメのレア・コレクターズ・エディション。

Disc 1 : 1. Intro 2. Comfortably Numb 3. The Happiest Days of Our Lives 4. Another Brick in the Wall Pt. 2 & 3 5. The Powers That Be 6. The Bravery of Being Out of Range 7. The Bar 8. Have a Cigar 9. Wish You Were Here 10. Shine on You Crazy Diamond 11. Sheep
Disc 2 : 1. Intro 2. In The Flesh 3. Run Like Hell 4. Deja Vu 5. Is This The Life We Really Want? 6. Money 7. Us and Them 8. Any Colour You Like 9. Brain Damage 10. Eclipse 11. Two Suns in the Sunset 12. The Bar (Reprise) 13. Outside the Wall

[Live at Rogers Arena, Vancouver, BC, Canada 15th September 2022]
◇Roger Waters - Bass, Guitars, Vocals / Jon Carin - Keyboards, Guitars, Vocals / Robert Walter – Organ / Jonathan Wilson - Guitars, Vocals / Gus Seyffert - Bass Guitar, Guitar / Dave Kilminster - Guitar, Vocals / Joey Waronker - Drums, Percussion / Shanay Johnson – Vocals / Amanda Belair – Vocals / Seamus Blake - Saxophone

0928173021_6334061d44f2e.jpg

ROGER WATERS / DENVER 2022 : ROGER'S 79TH BIRTHDAY (2CDR)

¥3,500 税込

商品コード: amity698rw

2022年ツアー「THIS IS NOT A DRILL TOUR」北米レグの9月6日デンバー公演を、ハイクオリティー・デジタル・オーディエンス・マスターより、2時間35分にわたりコンプリート収録。
まず待望となるこのツアーをロジャーは「最初のお別れツアー(first farewell tour)」とコメントしており、しかも2022年は北米、2023年にはヨーロッパのみと地域限定とアナウンスされているだけにやはり全ての公演が聴きどころ。
そして2部構成となった今回のツアーは前回とはセットリストもステージ構成も大きく変わり、オープニングからアルバムごとにセレクトされた数曲ずつを演奏しており、『THE WALL』ナンバーを要所に配置しつつ、フロイドのクラシックスとソロ曲をセクション単位で配置となっており、いきなり「Comfortably Numb」という意外なスタートから、第2部では『狂気』のアルバムB面再現なども披露。
また前回の「US+ THEM」ツアーでは演奏しなかった、「Have A Cigar」「Run Like Hell」、さらに「Any Colour You Like」が14年ぶりなら「Outside The Wall」は19年ぶり、「Shine On You Crazy Diamond (parts VI-IX)」やソロの「The Powers That Be」も20年以上ぶりと、意表を突くナンバーも多数。さらに極めつけはライブ初プレイの『ファイナル・カット』の「Two Suns In The Sunset」と、未発表の新曲「The Bar」「The Bar (reprise)」なども今回のツアーで初めて生で聴けるあたりも要チェック。
なおこの日はロジャー79歳の誕生日だったとのこと。

Disc 1 : 1. Intro 2. Comfortably Numb 3. The Happiest Days of Our Lives 4. Another Brick in the Wall, Part 2 5. Another Brick in the Wall, Part 3 6. The Powers That Be 7. The Bravery of Being Out of Range 8. The Bar Intro 9. The Bar 10. Have A Cigar Intro 11. Have A Cigar 12. Wish You Were Here 13. Shine On You Crazy Diamond (Parts VI-IX) 14. Sheep
Disc 2 : 1. Intro 2. In The Flesh 3. Run Like Hell 4. Deja Vu 5. Is This the Life We Really Want 6. Money 7. Us and Them 8. Any Colour You Like 9. Brain Damage 10. Eclipse 11. Two Suns in the Sunset Intro 12. Two Suns in the Sunset 13. The Bar (Reprise) Intro 14. The Bar (Reprise) 15. Outside the Wall

[Live at Ball Arena, Denver, CO, USA 6th September 2022]
◇Roger Waters - Bass, Guitars, Vocals / Jon Carin - Keyboards, Guitars, Vocals / Robert Walter – Organ / Jonathan Wilson - Guitars, Vocals / Gus Seyffert - Bass Guitar, Guitar / Dave Kilminster - Guitar, Vocals / Joey Waronker - Drums, Percussion / Shanay Johnson – Vocals / Amanda Belair – Vocals / Seamus Blake - Saxophone

0928171135_633401b717276.jpg

QUEEN / HAMMERSMITH ODEON 1979 : 2022 TRANSFER (プレス2CD+1DVDR)

¥4,800 税込

商品コード: war531cr

『カンボジア難民救済コンサート』で知られる、1979年12月26日ロンドン、ハマースミス・オデオン公演を、あの名門キニーから公開された未発表のオリジナル・カセット・マスターの2022年アップデート・ヴァージョンが永久保存プレス2CDにて。
まず近年キニーからの衝撃の新発掘音源が各種公開され、その音源は来日公演のみならず、世界各地での貴重なライブ音源も公開されていることで、世界中の各ファンから絶賛されている中、このクイーンが歴史的イベントに出演したライブの大元のマスター・カセットも新発掘され、2020年にはデジタル化されすでに流通化。
それが2022年最新機材を導入し新たにトランスファーしたのが本タイトルで、その精度のアップ・グレードはすさまじく、現代の公式リマスターCDに匹敵するかのようなクオリティーとなっており、アンサンブルの立体感も圧倒的に向上し、また左右チャンネルがややバランスが悪かったところやズレも精密に補整し、トータル1時間54分にわたり最高峰のクオリティーにて。
そしてこのライブ音源は「CONCERT FOR KAMPUCHEA」の初日でもあり、その模様はTVオンエアーもされたので、プロショット映像も残されているのは周知の中、その映像では観られない”Keep Yourself Alive”や”Bohemian Rhapsody”、そして”Spread Your Wings”、”You Can't Beat Them/Mustapha”に加えて、ギター&ドラム・ソロなども聞けるうえに、なんと本タイトルのサウンド・クオリティーは、TVプロショットのサウンドボード音声よりも遙かに高音質。しかも一部カットやテープ切れのパートも極力プロユース編集が施されており、このクオリティーでこの歴史的ライブをフル再現していることはまさに奇跡的。
さらに初回限定リリース分のみ、当日の模様を最高峰クオリティーのプロショット映像2種類を収めたDVD-Rをプラス。
こちらはまず前半には長尺の流出プロショット映像として知られる、2012年に発掘された編集前の関係者流出マスターを収録。TVオンエアーでは観られなかったナンバーが8曲もあり、曲間に編集カットもあるものの、それでも約74分に及び最長ヴァージョンとして、未見の方は絶対必見の映像。さらに後半には国内オンエアーもされたUK:BBC制作による『THE QUEEN SPECIAL』の日本バージョンも収録。イギリスの放送よりも10分ほど短かいものの、日本語字幕が入っていたり、前半の流出マスターには未収録の「Don't Stop Me Now」もしっかりと観られ、また、当日演奏していない「Another One Bites The Dust」と「Flash's Theme」はビデオ・クリップながら、これが別バージョンなのもポイント。以上クイーン・ライブ史に残る名演を、キニーならではのサウンド・クオリティーとレア映像でコンパイルした永久保存マスト・アイテム。
*なお映像DVD-Rは初回のみのボーナスゆえ、ご希望の方はお早めに。

Disc 1 : 1. Intro. 2. Jailhouse Rock 3. We Will Rock You (Fast) 4. Let Me Entertain You 5. Somebody to Love 6. If You Can't Beat Them 7. Mustapha 8. Death on Two Legs 9. Killer Queen 10. I'm in Love With My Car 11. Get Down、 Make Love 12. You're My Best Friend 13. Save Me
Disc 2 : 1. Now I'm Here 2. Don't Stop Me Now 3. Spread Your Wings 4. Love of My Life 5. '39 6. Keep Yourself Alive 7. Drum / Guitar Solo 8. Guitar Solo (incl. Silent Night) 9. Brighton Rock (Ending) 10. Crazy Little Thing Called Love 11. Bohemian Rhapsody 12. Tie Your Mother Down 13. Sheer Heart Attack 14. We Will Rock You 15. We Are the Champions 16. God Save the Queen

Limited DVD-R : PRO-SHOT COLOUR NTSC Approx.109min
1. Jailhouse Rock 2. We Will Rock You (fast) 3. Let Me Entertain You 4. Somebody To Love 5. Death On Two Legs 6. Killer Queen 7. I'm In Love With My Car 8. Get Down、 Make Love 9. You're My Best Friend 10. Save Me 11. Now I'm Here 12. Love Of My Life 13. '39 14. Crazy Little Thing Called Love 15. Tie Your Mother Down 16. Sheer Heart Attack 17. We Will Rock You 18. We Are The Champions 19. God Save The Queen (THE QUEEN SPECIAL: Japanese Broadcast Version)20. Now I'm Here 21. Another One Bites The Dust 22. You're Are My Best Friend 23. Flash's Theme 24. Let Me Entertain You 25. Don't Stop Me Now 26. Killer Queen 27. I'm In Love With My Car 28. Crazy Little Thing Called Love 29. Sheer Heart Attack 30. Save Me 31. We Will Rock You 32. We Are The Champions 33. God Save The Queen
[The Concerts For The People Of Kampuchea : at Hammersmith Odeon, London, UK 26th December 1979]

0928165555_6333fe0bdc1b6.jpg

LED ZEPPELIN / FIRST NIGHT AT THE FORUM 1971 : 2022 DEFINITIVE EDITION (プレス2CD)

¥3,800 税込

商品コード: wiscd22013bg

1971年北米ツアーより8月21日LAフォーラム公演初日の模様を、新発掘音源を用いて初めてコンプリート収録したタイトルが、初回限定ナンバリング入り帯付き仕様の永久保存プレス2CDにて。
まずこの日のライブは断片的には音源がこれまで残されてきて、不完全ながらも流通してきた中で、今回これまで存在しなかったオープニングから「BLACK DOG」の途中までを収録した良好オーディエンス・テープが発掘され、それを含めて別のオーディエンス2種のソースも使用し、海外コレクターがプロユース編集にて全てを繋ぎ、そのうえマスタリング処理や音量バランス修正を施すことで、ついにフル・ライブを再現。とにかくこの新発掘音源の音質が素晴らしく、当時のテープ録音者がピーター・グラントに見つかり録音を中断せざるを得なかったようで、仮に全て録音されていたら..と思わずにいられないクオリティーにて。
そして通算して7度目となるこの北米ツアーは8月7日にスイスでウォームアップギグを行い、19日にバンクーバーからスタートし、9月17日のハワイ公演で終結しており、よって序盤2公演目となるもので、序盤”Black Dog”あたりまでプラントのキーが苦しい感はあるものの、その後はいつものトーンをキープ。
そして”Stairway to Heaven”ではペイジのソロも、淀みないフレーズが繰り出され、その後のアコースティック・セットにおいても、”Going To California”でのペイジとジョンジーのアンサンブルの妙、エンディング・フレーズの付いた” What Is and What Should Never Be”など、初期レパートリーが徐々に変化してくるのが判るのも、興味深いところ。
さらに”Whole Lotta Love”メドレー後半部は”Weekend”も挿入され、これは記録上でも全ライブの中でこの日のみという劇レア・ナンバー。
さらにアンコール”Communication Breakdown”では、ジョンジーのジャック・ブルースばりの歪みソロも聴け、”Thank You”エンディングでは、そよ風のようなギター・パッセージも付け加えられたりと、後半は全て聞きどころ。そして何よりあの伝説の初来日ジャパンツアーの直前ゆえ、ファン必聴の限定コレクターズ・エディション。

DISC 1 : 1. Introduction 2. IMMIGRANT SONG 3. HEARTBREAKER 4. SINCE I'VE BEEN LOVING YOU 5. BLACK DOG 6. DAZED AND CONFUSED 7. STAIRWAY TO HEAVEN 8. CELEBRATION DAY
DISC 2 : 1. THAT'S THE WAY 2. GOING TO CALIFORNIA 3. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE 4. WHOLE LOTTA LOVE 5. WEEKEND 6. ROCK AND ROLL 7. COMMUNICATION BREAKDOWN 8. Organ Solo - THANK YOU
[Recorded at The Forum, Inglewood, Los Angeles, CA, USA August 21th 1971 : Digitally Remastered in 2022 / COMPLETE SHOW (Using Three AUDIENCE Masters Including 2022 NEW APPEARED MASTER)]

全ての新着商品はこちら

※別ウィンドウが開きます

SHOP INFO ショップからのお知らせ

旧サイトのアカウントをお持ちの方へ(会員登録のお願い)

こんにちは、Joe’s Garageです。 いつもありがとうございます。そして2022年8月13日より当方WEBサイトが全面リニューアルいたしました。

それに伴い管理システムもすべて見直すこととなり、これまでご登録いただいた皆さまには申し訳ありませんが、今回改めて会員登録をお願いいたします。

これは昨今、各オンラインショップ等における個人情報の漏えい問題などに対して、改めてセキュリティ強化に取り組み安全対策を実施するためです。

加えてInternet Explorer のサポート終了などの要因もあり、今後も皆さまに安全かつ快適に当方サイトをご利用頂くべく、ご理解・ご協力をいただけたら幸いです。

なお現在ポイントを保有されている方は新たにご登録後も現状のポイント数をこちらで移行させていただきます。またリニューアル記念として再登録いただいた方には300ポイントを自動的に付与いたします。 それではご迷惑かけて申し訳ありませんが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

新規会員登録はこちら

商品をお買い求めのお客様へ

カートに商品を追加して頂き、「レジへ進む」をクリックして頂く事により、商品をご購入頂けます。

初めてご利用の方は、「新規会員登録」よりアカウント作成をお願い致します。

また、ご登録いただいた方で、メール・マガジンをご希望された方には、割引セールやショップ情報、 さらにお買い上げごとにポイント(1000円ご購入ごとに50ポイント)の配布も、随時配信させていただきます。

また、おトクな割引セールは年間に数回ございますので、是非ご活用ください。 これらのサービスをご希望される方は、ログイン登録後、「メール・マガジンを希望する」にクリックをお願いいたします。

登録の無いご希望の商品について

商品注文時に、「お問い合わせ」の欄がございます。

そこにご希望商品の「アーティスト名・タイトル」をお書き添えいただくか、こちらの「お問い合わせフォーム 」より、購入希望のアーティスト名とタイトルをお知らせ下さい。

尚 E-mail:info@jgarage.comで同様にご注文いただけます。当面ご迷惑とお手間をかけますが、よろしくお願いいたします。

OTHERS その他

Joe's Garageでは アナログ盤はROCK・JAZZ・SOUL・J-ROCKがメイン、 CDはオールジャンル買取いたします。

枚数や内容に関わらず、専門のスタッフが1枚ずつキチンと査定、特に貴重盤・レア盤は長年の実績にかけて、 より高額で買取させていただきます。

買取のご相談・お問い合わせはこちら

ジョーズガレージブログ も毎日更新中!

最新のおススメアイテムのご案内から、ショップ情報まで幅広く配信!まずはここから要チェック♪

ジョーズガレージブログはこちら

カテゴリ一覧